最短で退職サポート

退職代行の具体的な作業一覧

  • 退職代行専門として弊社からの電話をかけて法律等専門的な知識を用いて退職をあっせんしていく作業(最短一日で作業終了)
  • 第三者(家族、親戚。友達等)のテイで勤務先に電話を掛けて退職のあっせん
  • ご依頼があった日から最短一日以内に会社へ直接出向き、退職のあっせんを行う事も可能
  • 退職に関しての手続きが必要な場合は全てこ弊社が代行してアフターフォローも完備しております。

今ある環境から新しい環境への扉は目の前にあり、妥協して今の環境に居続けるより新しい道にチャレンジする事の方がよっぽど人生は楽しいものです。

  • 店長に対して義理もあってなかなか辞めれない。。
  • 上司に退職したいだなんて言えない。。。
  • 会社的に自分が必要とされているけど正直辞めたい。
  • 自分だけの判断で辞める事を会社は許してくれない。
  • 誰かの助けがほしい

あなた以外にも様々な思いを胸に今も悩みながら働いている方がたくさんいます。弊社はそんな方たちのために力になる事ができるので一度ご相談をして思いをぶつけてきてください。

しっかりとあなたの意見を尊重し、新しいい未来へと進む為のお手伝いを致します。

ご依頼から退職完了までの流れ

まずは今の状況を教えてください。

また退職理由等を伺い、どのようなサポートが好ましいかをご提案し、この時点でお見積りを致します。

電話・メール・LINEからお問い合わせをお待ちしております。tel:0120-783-865

お問い合わせいただいた内容に対して、どのような退職方法が好ましいのかをこちらでご提案させていただき、ご納得していただきましたら当日レベルで作業を行うことも可能です。

お支払方法につきましては当社指定の銀行口座へのお振込みか、面談をする必要がある場合はその場での現金払いを採用しております。

すり合わせした内容に沿って作業を遂行し、退職完了までしっかりサポート致します。

場合によって一日で退職することが困難な場合や、担当者が留守で具体的な話ができない等の場合でもご安心ください。

電話は一回で終わりではなく、必要に応じて何度でも無料になります。

退職に必要な手続きに関してもサポート致しますのでご安心ください。

会社に不満はないが、義理もあって辞めずらい。。

正直会社に対して不満は一つもないが、もっといい会社に転職したい、単純に今の情況から抜け出したいけど、上司は本当に良い人でなかなか退職したい旨を話せない。。

なんとか理由を作って退職ができたら、、、と思った事、ほとんどの人が経験しているのではないでしょうか?

新しい仕事に就くにあたっても退職希望を切り出せない人は世の中にたくさんいるんです。

そんな方は是非一度ご相談ください。

きっといいご提案をさせていただきます。

ブラック企業の特徴

ブラック企業とう言葉は今ではとても有名な言葉ではありますが、具体的にどのような会社を指すのか?

疑問に思っている方は多いかと思います。

当然どんな過酷な仕事でもその仕事にやりがいをもって取り組んでいる分にはなんら問題はないかと思います。

ですが今の日本の財政状況からみても会社は社員に対して過度な労働を強いているのが現状で、上司のパワハラ、長時間労働、時間外手当が支給されない等の問題が非常に多く、将来に不安を抱えている方がたくさんいらっしゃいます。

1.会社を退職する事を許してくれない

  • 君は責任感がないねえ。大変なのはどこの会社も同じだしもうちょっとやって考えてみてよ。
  • 損害賠償請求だってできるんだよ?
  • 懲戒免職にするぞ!

⇒上司からの発言によって退職する事を拒否されるような言い方

2.離職率が高い

  • 会社設立後から何年も経過しているのに、従業員は比較的若い人しかいないのも特徴のひとつです。
  • 周りの人がいつの間にか何人も急に連絡が取れなくなってしまっていなくなるような会社

3.ハローワーク等の求人サイトにいつも掲載されている

  • 求人広告サイトに求人広告を載せるのはかなりのコストがかかる。

人件費削減やそのようなところにお金をかけれない会社というのは各求人サイトよりも比較的安価なハローワークでの求人が多いようです、

4.求人に書いてある趣旨とは全然違った待遇や職種

これはよくある話ですね。

最初に提示されれいた給料面や休暇日数等、実際に就職してみたら全然違った。

5.休日があるようで無い

これも最初に提示された内容とはかけ離れている程違った勤務体系。

あとは、休日はあるけど、現実的に休めるような雰囲気の会社ではなかったということも。

6.試験期間がいつになっても終わる気がしない

試験期間の明確な基準がもともとない、あるいは試験合格のハードルが高すぎていつまでたっても達成できない。

結果的に、長期的に低賃金での労働を強いられてしまうケース。

7.長時間労働を強いられる

もう会社をでたい時間になっても上司の圧力によって日々の帰宅時間はいつも遅くなりプライベートの時間が減ってしまう。

36(サブロク)協定の内容を見てみると、

勤務延長時間の限度(休日労働の時間数を含めない)を1か月45時間、1年間360時間としています。

つまりこの時間を過ぎての長時間労働は違反になるので明確なブラック企業としての目安にもなるでしょう。

8.愛がられる(過度なパワハラ)

上司からの過度なお叱り(怒鳴る、机をたたく、むらぐらをつかまれる、みんなの前であからさまに批判される)

等の行為をされるという事案はブラック企業では日常茶飯事です。

9.給料・残業代の未払い

前代未聞ではありますが、会社から難癖を付けられて本来支払われる給料が支払われない事案。

例として

  • ノルマが達成できなかった
  • ペナルティを犯してしまった
  • 備品を壊してしまった
  • etc….

まずどんな理由であれ給料が支払われないということはかなり問題のある会社であることは明確になります。

いかがでしたでしょうか?

たくさんのご相談、ご依頼誠にありがとうございます。

弊社では365日24時間で皆様のお悩みにご対応しておりますので、気になった点、ご相談事項がありましたらご連絡心よりお待ちしております。